緩和医療は、主にがんによる疼痛や苦痛を和らげてQOL(生活の質)を改善するための
治療です。
緩和医療は鎮痛薬だけでなく、吐き気や便秘といったがんの治療に付随する症状や
副作用に対して適切な対症療法を行っていくことも含んでいます。
そのため、がんと診断された人はどんな治療法を選択したとしても関わる領域です。

以前は、根治的な治療の手立てのない人のための姑息的治療(その場逃れ)というイ
メージが強かったですが、現在はがんの根治的治療を開始する前から積極的に症状
を取った方が良いとされています。

最近の研究では緩和医療によって、がんの症状を取るだけではなく、生命予後の延
長も期待できるという報告があります。がんの症状や治療の副作用を適切に緩和す
ることで、受けることができる治療の選択の幅が広がることが一因と考えられてい
ます。

緩和医療の代表的なものとしては、がん性疼痛に対する鎮痛薬の使用があります。
がん性疼痛は臓器や骨・神経への浸潤によって引き起こされ、けがややけどの痛み
と違い自然に改善せず、ほっておくと慢性的に持続することが知られています。
WHOによると鎮痛薬の使い方は、「1.まず経口から、 2.時間どおりに規則正しく
、3.効果の弱いものから徐々に増量し、4.患者さん個別の量を決めて、5.その他細
かい症状に気をつけながら」使うのが基本です。

まずは副作用の少ない鎮痛薬から開始しますが、がんが進行するにつれてモルヒネ
などの麻薬鎮痛薬(オピオイド)を使用しないとならない状況になる事も考えられます。

麻薬鎮痛薬は吐き気や便秘といった副作用も多く、麻薬という言葉からも怖いイメ
ージを抱く人が多いかと思います。しかし、がんの疼痛に対しては痛覚の受容体に
直接働きかける麻薬鎮痛薬しか効きにくい場合があります。また現在は、副作用に
対しては予防的に吐き気止めや便秘の薬を使うことがスタンダードになっています。

副作用は個人差が大きい為、医師と相談しながら容量を調整していくことが大切です。
がんと闘う決意をした患者さんには我慢強い人が多い印象があります。しかし、つ
らい時は我慢するのではなく、正直に医師や看護師に伝えて欲しいと思っています。

がんのつらい症状をとることで、気分も前向きになると考えられています。
緩和医療を導入することで、身体的にも精神的にも、私たち医療従事者が患者さん
の支えになれたら幸いです。

—————————————————————-
国内唯一の手術・抗がん剤・放射線といった
標準治療だけでなく先進医療など
あらゆる治療法を含んだ「がん相談」が
がんに詳しい医師・医療従事者、専門家に
24時間365日できるがん相談センター
—————————————————————-
がん無料相談センター東日本
0120-609-332
がん無料相談センター西日本
0120-709-332
—————————————————————-
〒104-0061
東京都中央区 1-16-7 銀座大栄ビル5階
がん相談センター

内科医
村本

この執筆者の記事一覧

がんと療養

相談する

コメントを残す

PAGE TOP