「がん治療」
がんと宣告されて、次に考えなければならないのが
どんな治療を受けるのか。

まずは、標準治療になりますが、いずれも医師からの指示で
治療の場所は病院。
でも、自分でも何かやれることはないのか・・と
考える人は少なくありません。

ネット社会でもあり、調べようと思えばいろいろな記事が目に入ります。
民間療法もそのひとつですね。
実際に、がんにかかった人が書いたブログなどからも情報を得る人も
いらっしゃるでしょう。

しかし、がんやがん細胞は、闘う相手ではありません。
がん細胞は、自分の細胞が何らかの原因で変異したもの。
もともとは自分の細胞なのです。
そう考えると、簡単に言えば、細胞が喜ぶことをすることが肝心です。

具体的には
1.からだを温めること
2.からだに負担のかからない食べ物を食べること
3.血液は、細胞に栄養や酸素を送るので、マッサージなどで血液の循環を良くすること
4.心身の疲れは、細胞もうまく活動ができなくなるため、十分な休息をとること
5.できるだけ笑って過ごすこと

このように、がんになったら、とにかく自分自身をいたわる方法を考えましょう。
そのためにも、自分が気持ちよくなる方法を知っていること。
そして、がんになる前から
自分をいたわる方法を見つけておくことが、がん細胞と共存するために
大切なことだと感じます。

看護師
かたおか さちこ

この執筆者の記事一覧

子どもへの伝え方

家族との接し方

がんと付き合いながら働くこと

医療者コラム

PAGE TOP