ここまで、がん相談支援センターの役割をとおして、ケースワークやピアサポート
について学んできました。このような公的な無料支援を積極的に利用することで、
がんがあなたに起こす「ゆさぶり」を多少なりとも軽減することができるのではな
いでしょうか。もちろん、これらの支援を最大限に利用したとしても、問題がすべ
て解決する魔法はありません。しかし、こうした支援をいつでも受けられるという
「つながった」感覚を持てるだけであなたの安定感は格段に増すことでしょう。

ところで、このコラムでは「がんと診断されたあなたへ」というタイトルで、あな
たががんと向き合う際に助けになるであろう情報を発信しているところです。そし
てそのメッセージの大きな柱の一つとして「全国各地に用意されている『がん相談
支援センター』に『つながって』おきましょう」ということを、あなたにお伝えし
ておきます。可能ならできるだけ早く、たとえばがんと診断されたその日、飛び込
みでもよいので立ち寄るのがお勧めです。ほとんどのがん相談支援センターは地域
の中核病院の中に設置されていますが、他院にかかりつけの人やその家族を含めて
だれでも利用することができます。

できるだけ早く、思いついたときに「つながっておく」ことが大切です。「何か問
題が起きてから相談しよう」という考えでいると、ほとんどの場合はどうしても後
手後手に回ってしまうものです。強い症状や悩みがあるとき、人は新しい行動を起
こすのが億劫になります。問題を抱えてしまってからでは、「新しい」場所で「初
めて会う」人に相談を打ち明けることそのものが強いストレスになるわけです。

それよりも、「いつもの場所」で「顔なじみの相談員の○○さん」に「今日はこの
ことを相談してみよう」という状態になっていることを想像してみてください。格
段に混乱が少ないと感じられませんか?そうです、あなたが前もって必要な相手に
「つながって」おくことが、本当に困った時の支援を上手に「受け取る」ための布
石になると私は思うのです。
つづく

医師 総合診療医/心療内科医/漢方医/産業医
飯島 慶郎(いいじま よしろう)

臨床心理士/産業カウンセラー/認定産業医
総合内科専門医/家庭医療専門医/東洋医学会認定医

この執筆者の記事一覧

がんと診断されたあなたへ

相談する

コメントを残す

PAGE TOP