皆さんは年に一度、健康診断または人間ドックを受診されていますか。受診された経験のある人、これから受診しようされている人は、ぜひご一読ください。

検査項目と一言でいってもその種類は多岐にわたります。そこで、パート1として検体検査について、日本人間ドック学会・日本病院会・健康保険組合連合会合意の推奨項目について分野ごとの大まかな内容と検査項目名を示します。

1.生化学関連→各種臓器からの酵素やたんぱく質、脂質、糖質などを検査することにより、各種臓器の状態把握や各種疾患の鑑別や治療の経過観察、体の栄養状態などを調べます。

TP(総蛋白)、ALB(アルブミン)、Cre(クレアチニン)、UA(尿酸)、T-cho(総コレステロール)、HDL-C(HDLコレステロール)、LDL-C(LDLコレステロール)、TG(中性脂肪)、T-Bil(総ビリルビン)、AST(GOT)、ALT(GPT)、γ-GT(γ-GTP)、ALP、FBS(空腹時血糖)、HbA1c

2.血液学関連→主に貧血や骨髄関連の疾患などを検査します。

RBC(赤血球)、WBC(白血球)、Hb(血色素)、Ht(ヘマトクリット)、PLT(血小板)、
MCV、MCH、MCHC

3.血清学関連→各種ホルモン、腫瘍マーカーや各種感染症(風しんやはしかなど)における抗原や抗体を検査します。また、抗体とは、細菌やウイルス、各種タンパク質が原因となり生体内で防御反応が起こった際に作られた物質で、抗原とは抗体を作る原因となった細菌やウイルス、各種タンパク質のことです。

CRP、梅毒反応、HBs抗原、血液型(ABO式、Rh式)

4.尿検査関連→主に腎臓から膀胱(ぼうこう)にかけての異常や体内での代謝異常などを検査します。検査自体はとても簡便ですが、情報量が多く、大変重要な検査です。

蛋白、pH、尿糖、沈渣(ちんさ)、潜血、比重

5.便検査→主に消化器系(胃や大腸など)の疾患の疑いがあるかどうかを調べます。また、日本では少ないですが、発展途上国などでは寄生虫に感染しているかどうかの検査として用いられています。

潜血

6.オプション検査→ここでの検査は1または2に分類されます。

PSA、HCV抗体

いかがでしょう。なんとなくの分野ごとの検査に対する内容のイメージはつきましたか?次回、パート2では各検査項目に対しての説明をしていきますので参考にしていただければ幸いです。

臨床検査技師
朝野

相談する

コメントを残す

PAGE TOP