医療関係で訴訟を起こすと、どのくらい時間がかかるものか、ご存じでしょうか。以前より短くなっ
てきていますが、医療訴訟は一般の訴訟と比較すると非常に時間がかかります。今回は、医療関
係訴訟事件の平均審理期間をご紹介します。

1.医療訴訟の平均審理期間の推移
医療訴訟を起こすと、平均で2年くらいかかります。平成11年頃は34~35カ月位かかっていたので
、この15年の間にずいぶんと短縮されたことになります。しかし、一般の訴訟と比べると、医療過
誤訴訟は非常に長い時間がかかります。たとえば一般の離婚や労働訴訟などであれば1年もか
けずに解決することが多いですが、医療過誤訴訟を起こすと、その後2年くらいは裁判に拘束され
ることを覚悟しなければなりません。しかも、必ずしも思う通りの判決が得られるとは限りません。

2.訴訟を起こすまでの期間も無視できない
「医療訴訟には2年かかる」と聞くと「長いな」と思われる人もいるでしょう。実際には、それだけで
はなく、訴訟を提起する前にも、さまざまなやり取りが行われ、訴訟の準備も必要となるので、2年
では済まないことが通常です。

つまり、医療過誤が起こったら、まずは患者が病院に苦情を申し立てて、患者と病院との間で話
合いが行われます。交渉が決裂すると、患者側が訴訟を申し立てようとしますが、訴訟を提起す
る前には、証拠保全や作戦の立案など、さまざまな準備が必要です。また、訴訟を提起すると負
担が大きくなるので、踏ん切りがつかず、悩んでしまわれる患者の人もいます。
医療事故が起こってから訴訟を申し立てるまでに1年以上やそれ以上かかることもありますし、最
終的に解決できるまでには3年や4年の期間がかかってしまうことも珍しくはないのです。

3.医療訴訟で被害者が願っていることとは
医療事故に遭った被害者が願っていることは、まずは元に戻りたいということです。また、「真相を
知りたいという思い」や「病院に謝罪をしてほしい」「もう決して同じ思いをする人が現れないよう再
発防止したい」「損害賠償を受けたい」などの思いがあります。このようなことをすべて実現するに
は、訴訟だけではなくさまざまな方面からの対応やケアが必要です。がんの治療を受けるときも、
医療事故は人ごととは思わず常に意識しておきましょう。

医療ジャーナリスト(法律家)
福谷 陽子

相談する

  1. minuteman ups review より:

    I like this web site very much, Its a very nice place to read and obtain information.

    https://suvivalistcave.wordpress.com/

PAGE TOP