今回は膵臓(すいぞう)がんと膵臓がんがうたがわれるときに行う検査について、
説明していきたいと思います。

1. 膵臓がんとは
膵臓には大きく分けて2種類の働きがあります。1つ目は膵液(消化酵素を含む)を
主膵管、胆管を通じて、十二指腸に排出し、食べ物の消化を促進する働きと2つ目は
インスリンを始めとするいくつかのホルモンを血液中に放出し、体のバランスを保
つ働きがあり、前者を外分泌機能、後者を内分泌機能といいます。そこで、膵臓が
んですが、膵臓がんはそのほとんどが外分泌機能を有する膵管より発生するがんで
す。また、根治としては手術でがんを切除するのが根治療法となりますが、実際に
はその適応は30%と低く、予後も不良な場合が多いがんとなります。

2. 膵臓がんの検査について
検査は今までに記載したがんと同様に、血液検査では膵酵素や腫瘍マーカー、腹部
超音波、CT、MRIなどを行いますが、膵臓がんの場合はこれに加えて、EUS(超音波
内視鏡検査)やERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査)、MRCP(磁気共鳴胆管膵
管検査)なども行われます。また、EUSやERCPの際に膵管内の組織や腫瘍そのものを
採取して病理検査も行われます。

2.-1 EUS(超音波内視鏡検査)とは
内視鏡の先端に超音波プローブがついており、胃カメラの要領で行います。通常の
超音波検査とは違い、目的の臓器を見るまでの妨害物(骨やガスなど)がないため
、より詳細な観察が行えます。また、腫瘍が確認され、悪性・良性の判断がつかな
い場合などが、そのまま超音波検査をしながら観察された腫瘍を内視鏡に内蔵され
ている注射針のようなもので採取し、病理検査で診断されます。

2.-2 ERCP(内視鏡的逆行性胆管膵管造影検査)
内視鏡を胃カメラの要領で行い、胆管と十二指腸の接合部であるファーター乳頭と
いわれる部位まで挿入します。胆管と膵管はつながっているため、そこから膵管へ
造影剤を注入し、膵管周囲のレントゲン撮影を行います。また、膵管内を付属のブ
ラシで擦り、採取された細胞を細胞診に提出し、悪性・良性の診断をすることもあ
ります。

3. 膵臓がんで有用性の高い腫瘍マーカーについて-
一般的には、下記の腫瘍マーカーは有用性が高いとされていますが、早期がんの診
断には有用ではないとされています。

3.-1 エラスターゼ1    基準値:300 ng/dL以下
エラスターゼ1は主として膵臓から分泌される蛋白分解酵素となりますが、切除可能
な早期の膵臓がんでしばしば1000ng/dLを超える値が認められます。また、組織破壊
が進んだ進行型の膵臓がんでは値として正常から低値をとるため早期がんの発見に
有用なマーカーとして知られています。

3.-2 Span- 1  基準値:30 U/mL以下
主に膵臓がんを始めとする消化器がんの構成成分中にSpan-1が認められ、強い分泌
性があるため血中にも高率に確認されます。また、良性疾患での検査値上昇はあま
り認められないため、膵臓がんとの鑑別に困難な急性膵炎の場合も軽度の検査値上
昇に留まるため、より特異性の高いがんの診断、または術後・治療後の経過観察に
有用な指標とされています。

3.-3 DUPAN- 2  基準値:150 U/mL以下
膵臓がん、肝・胆道がんにおいて高値を認め、これらの悪性疾患の診断補助や術後
・治療後の経過観察に有用な指標とされています。また、CA19-9ではLewis血液型
(Lea)の人は膵臓がんにり患していたとしてもその値は低値に留まることが多いが
、DUPAN-2においては高値を認めることから代用としても使用されます。膵臓がんな
どでのがんに対しての特異性を上げるためには検査値としては400 U/mL以上が推奨
されます。

3.-4 NCC- ST-439 基準値:男性4.5 U/mL未満、女性(49歳以下7.0 U/mL未満、50
歳以上4.5 U/mL未満)

消化器系がんを始め、さまざまながんで検査値の上昇が認められますが、CA19-9と
比べて肝臓・胆嚢・膵臓系の良性疾患での検査値上昇をあまり認めないため、より
がんに特異的な腫瘍マーカーとなります。しかし、SLXとのデータと比較するとほぼ
変からないため、両者を測定する意義はないとされています。

4.まとめ
膵臓は胃や腸などの奥にある臓器のため、悪性腫瘍の大きさが小さいうちには発見
しにくく「21世紀で取り残されたがん」ともいわれます。また、がんが膵臓のどの
部位にできたかで体に起こる症状が出るまでに差があることもあります。次いで、
大腸がんや胃がんのように粘膜組織の層の中にがんが浸潤しにくい粘膜筋層という
防御壁のような構造がないため浸潤も早いといわれています。そのため、定期的な
検査が重要になりますので、年に一度の健診は重要だと思います。

臨床検査技師
朝野
PAGE TOP