今回は肝臓がんと肝臓がんがうたがわれるときに行う検査について、説明していき
たいと思います。

1. 肝臓がんとは
肝臓にできる悪性腫瘍で原発性肝がんと転移性肝がんに大別されます。
原発性肝がんには、肝臓の細胞自体が悪性化する肝細胞がんと胆汁の通り道である
胆管が、がんになる胆管がんなどに分けられますが、肝細胞がんがその中の9割を占
めます。
また、肝細胞がんの原因として挙げられるのがC型肝炎ウイルスとB型肝炎ウイルス
に感染することで起こる慢性肝炎(いつも肝臓が炎症を起こしている状態)や肝硬
変(肝臓が炎症と修復を繰り返すことで繊維化し固くなる病態)、最近ではNASH(
非アルコール性脂肪肝)が取り上げられています。

2. 肝臓がんの検査について
検査は血液検査では腫瘍マーカー、画像検査としては腹部超音波、CT、MRIなどが挙
げられます。また、お腹に超音波を当てながら肝臓の組織を針で採取する針生検を
行い病理検査を行うこともありますが、ここ近年、画像診断装置の性能が向上して
いるため、血液検査と画像検査で診断できることが多くなっています。

3. 肝臓がんに有用な腫瘍マーカーについて

3.-1 AFP(αフェトプロテイン) 基準値: 10.0 ng/mL以下
もともとは胎児のときに産生される成分で成人になるに連れて減少していくため、
検査値は基準値以下になります。一方、海外での研究により肝細胞がんでAFPが増加
することが発見され、それ以来、有用な腫瘍マーカーとして検査されています。し
かし、肝臓の良性疾患や慢性肝炎、肝硬変、妊娠後期でも上昇することから肝細胞
がんに有用ですが、特有とまではいえない検査項目になります。

3.-2 AFP-L3分画 (αフェトプロテイン-L3分画) 基準値:L3分画 10%未満
3.-1で説明したようにAFPだけの検査では肝細胞がん特有とはいえないため、豆を使
ってゼリーのような特殊な板の上で電気を通すとAFPをいくつかのパターンに分けら
れる検査があります。分けられたパターンからL1、L2、L3に分けられ、肝細胞がん
に特有なパターンがはL3のため、肝臓の良性疾患やそれ以外に分類すことができ、
肝細胞がんの早期診断や治療後の予後管理に有用となっています。

3.-3 PIVKA-Ⅱ 基準値:40 mAU/mL
この腫瘍マーカーの呼び方ですが、ピブカと読みます。次いで、このマーカーにつ
いてですが、肝臓はさまざまな生体内で必要な成分を産生している臓器でもあり、
その中の1つである血液を固まらせる役割のある成分が阻害されているときに上昇
します。そのため、慢性肝炎や肝硬変などの肝臓がひどくダメージを受けている場
合でも上昇します。しかし、このマーカーもAFPと同様に肝細胞がんで上昇すること
が発見され、AFPとも相関しないことから新たな肝細胞がんの腫瘍マーカーとして検
査されています。また、注意ですが、ワーファリンを飲んでいる患者さんの場合は
その薬の作用的にPIVKA-Ⅱが上昇することが知られていますので検査値が高くても
慌てず医師の判断をあおってください。

4.まとめ
日本では上記の3項目ともに保険が適用され、他国では類をみません。そのため、肝
臓がんにおいての各検査や治療、文献などは日本発のものも多く存在しています。
また、画像検査の精度も向上したことにより、肝臓がんは早期に発見できるがんの
一つだと思います。最後に、肝臓は「沈黙の臓器」とも呼ばれており、悪くなって
も症状が出にくいのも特徴です。最近、体調が振るわない、なんだかスッキリしな
いなど体に変化があれば時間があるときに検査をしてみるのも良いかもしれません

臨床検査技師
朝野

この執筆者の記事一覧

がんの検査法と検査の基礎知識

相談する

コメントを残す

PAGE TOP