母の日には、毎年プレゼントを渡しています。
父の日ももちろん忘れていませんが(笑)

この年の母の日のプレゼントは、色々考えて、帽子を選ぶことにしました。
これから夏になり、頭が蒸れるので、夏にもかぶることができる通気性の良い、おしゃれな帽子を探す事に。

以前お隣さんからいただいた帽子はTシャツリメイクだったというのもあり、家の中で着用するには申し分なく、贈ってくださったご本人も「部屋用で使って」と仰っていたので、ありがたくそのように使わせてもらっていたのですが、外出用としては少し見ためが気になったので、暑くなってきたらどうしよう、と母がぼやいていたのです。

実は冬用にもお隣さんがニットの素敵な帽子を編んでくださって、こちらは完全に手編みで、リメイクではなくとっても素敵なデザインだったので、母も外出時には愛用していたのですが、暑くなってしまうと使えなくなってしまうため、初夏から夏に向けて帽子が必要だったのです。

今はインターネットでも色々見る事ができる便利な世の中なので、私はインターネット通販で母に贈る帽子を探しました。
色々見て、母の好みのデザインや色合いで、通気性もあり、頭がスッポリと覆われるけれど、医療用という雰囲気が出ていないようなものを選びました。

母の日当日には、私からは帽子、そして妹からは持ち運びやすいスケジュール帳とリラックスグッズが贈られました。
これから手術だったり、経過診察だったり、色々入ってくるだろうと思ったらしく、しかし母は卓上カレンダーを持ち歩いてスケジュール管理をしていたので、母の好きな花柄のかわいらしい手帳で、コンパクトなものを渡していました。
それから、ストレスを溜めないように、という事でお風呂で使えるリラックスグッズのセットもつけて。

父から母へは、これまで家族や夫婦で旅行に行った時に撮り溜めてきた写真を動画にまとめたもののDVDが贈られました。
母の趣味は旅行です。特に海外旅行が好きで、格安のツアーなどを見つけてきては、年に1,2回はふらふらと海外旅行へ行っていました。
実は乳がんの精密検査をおこなう直前にも旅行に行って、帰ってきてから乳がんだという事が分かったのですが、その時も「旅行に行ってからでよかった」と言っていました。

乳がんの治療中は、当然ですが長期の旅行はできません。
でもそれも、あと少しのしんぼう。

手術で入院している間は病室で暇な時間を持て余すだろうから、という父のアイディアで、これまでの旅行の思い出のDVDをプレゼントしたのだそうです。

いつにも増して家族それぞれの母への想いが表れた母の日となりました。

がんの患者会
母と家族のガンとの闘病記

この執筆者の記事一覧

医療者コラム

PAGE TOP