がんは、知識としては知っていたとしても、我が身になってみるまではわからないもの。
実際、検診で見つかるまでは健康そのものだった人も多く、ある日突然「腫瘍が見つかりました」と医師から言われても愕然としてしまうものです。

「まさか……信じられない」「間違いじゃない?」「すぐに手術って言われたけど本当?」等々、混乱する心の中で、今後の自分の治療方法の決断も迫られ、精神的にも大変な負担です。
そこで今回の「乳がん・子宮がんを語る女子会」では、がんの告知を受けた後に考える人も多い「セカンドオピニオン」についてご紹介します。

セカンドオピニオンとは?

セカンドオピニオンとは、現在診察を受けている担当医とは別の医療機関の医師に、「第2の意見」を聞くことです。
よくあるイメージとして、「今の主治医と性格が合わないから担当を変えたい」「治療方針が合わないから、違う医師を探したい」等々、転院のために行くものと思う人もいるようですが、実際はファーストオピニオン(現在の担当医の意見)を踏まえ、さらに違う角度から検討したり、別の治療方法を提案されることで自分の治療の幅を広げ、より納得して治療を受けられるようにするためのものです。
一つ注意しなければならないのは、基本的にセカンドオピニオンは自費診療となるので、公的医療保険が適用されず、病院によって費用が異なってきます。

「セカンドオピニオン取りたいです」が言いづらい

セカンドオピニオンは、あくまでも患者である「自分自身」が治療の最善の選択をするためのもので、取る・取らないは患者側の自由です。
とはいっても、いざとなると担当医に「言いづらい……」という声もあり、「(先生が)親身になってくれているだけに、疑っているようで申し訳ない」「信用されていないと思われて、治療に支障が出たらどうしよう」等とためらう人も多いようです。
でも、近年では患者さんへ対するインフォームドコンセントのため、患者がセカンドオピニオンを取ることを理解し薦めてくれる医師もいるので、もしも受けたいと思った時は遠慮せず担当医に申し出てみましょう。

セカンドオピニオンを役立てられる人がしてること4つ

せっかくセカンドオピニオンを取ると決めたら、自分の体のため、より納得できる治療を受けるためにも役立てたいものです。そこで、患者自身も予め準備・理解しておいた方が良いことがあります。

1.あらかじめ診断内容や他の治療方法など、聞きたいことはメモをしておく。
→セカンドオピニオンでは時間も限られているため、聞きたいことを整理せずに受けても、うまく自分の話ができなかったり、本当に聞きたかったことが聞けなかったりします。準備はしっかりとしておいた方が良いようです。

2.セカンドオピニオン前に、病気に関連することを調べておく。
→自分の現在の症状や状態、進行のレベル、勧められた治療法の理由についてきちんと理解せずに違う医師のところへ意見を求めに行っても、かえって情報が増えるだけで混乱してしまいます。最初の担当医からの意見は整理しておきましょう。

3.現在の担当医から受けた所見や検査結果、紹介状などを用意する。
→担当医にセカンドオピニオンの意思を伝えられず、こっそりと受けに行く人もいるそうですが、血液検査や病理検査・病理診断、CT・MRIといった画像検査結果などの資料がないと、セカンドオピニオン先の医師も正しい判断ができなくなるため、きちんと用意しましょう。

4.担当医にセカンドオピニオンで得た意見をフィードバックする。
→担当医と自分のがんを治すために本音でコミュニケーションをすることが大切です。セカンドオピニオンで得た新たな意見を担当医にも話し、自分の最善の治療方法を一緒に考えてもらいましょう。

セカンドオピニオンを受ける医師選び

セカンドオピニオンをどこで受けるかわからなかったり迷ったりする場合は、がん相談支援センターに問い合わせると、自分の居住地域の「セカンドオピニオン外来」を行っている病院の情報を教えてもらえます。無料で相談できるところもあるので、積極的に活用してみましょう。

いかがでしたか?

セカンドオピニオンを受ける受けないにかかわらず、自分の病気を理解することは大切な治療のプロセスの一つです。
「この治療で頑張ろう!」と思える選択ができることが、前向きな治療へとつながります。

有名雑誌や大手メディアでコメントするライターやTV出演もある女性陣を結集した女子会
乳がん・子宮がんを語る女子会

この執筆者の記事一覧

医療者コラム

PAGE TOP