腫瘍マーカーにはどのような役割があるでしょうか?
果たして、腫瘍マーカーを測れば必ずがんを見つけることができるのでしょうか?

腫瘍マーカーとは、血液など体中に存在する「がんに関連するたんぱく質」の総称
です。がんによって関連するたんぱく質が異なるため、それをひっくるめて腫瘍マ
ーカーと呼んでいます。

具体的には、からだの中でがんが増大すると、がん細胞によって産生されたたんぱ
く質が増えるため、それを腫瘍マーカーとして測っています。

画像検査でがんを疑う腫瘤を認めた場合に、関連する腫瘍マーカーを測って、それ
がある一定以上の値を超えていたら悪性が疑わしいという判断材料にします。

しかし、どのくらい腫瘍マーカーを産生するかは個人によって差があり、がんがよ
っぽど大きくならないと値が上がってこないこともあります。腫瘍マーカーによる
がんの早期発見は、一部を除いて難しいのが現状です。

つまり、「腫瘍マーカーが低い」=「がんが存在しない」ではないということです。

また、一般的に腫瘍マーカーは、がんの種類と一対一対応ではないため、腫瘍マー
カーによって何のがんと決めつけることはできません。腺がんか扁平上皮がんか小
細胞がんかという診断の助けにはなりますが、結局は生検を行って組織型を特定す
る必要があります。

逆に、腫瘍マーカーだけが上がっていたとしても、その大元となるがんがどこにあ
るのかがわからなければ治療することはできません。腫瘍マーカーは他人と値を比
較することはできませんし、がん以外の理由で上がってしまう場合もあります。

たとえば、腫瘍マーカーの中で前立腺がんのときに用いるPSA(前立腺特異抗原)は、
前立腺で限定的に産生されるためスクリーニングにも適していますが、前立腺炎や
前立腺肥大症でも上がってしまうため、必ずしもがんとは言い切れません。

がんの病勢を反映するものとして、治療前と治療後を比較して効果を確かめること
もありますが、治療成功後も腫瘍マーカーが上昇することはあり、参考程度にしか
使うことができません。

必ずしも「腫瘍マーカーが高い」=「がんが進行している」ではないのです。
このように、腫瘍マーカーはあくまで"目印"であり、その他の背景を踏まえて専門
的に考慮する必要があります。

がん検診では、むやみに腫瘍マーカーを測って安心するのではなく、その効果と費
用を天秤にかけて、それでもやる価値があるのか考えることが必要です。

内科医
村本

この執筆者の記事一覧

がんと療養

PAGE TOP