Aさんは45歳女性です。空港の近くにあるホテルの事務員として勤務しています。家族は夫、小学生の子供が2人、近隣にご自身の両親が住んでいます。Aさんが43歳のときに会社の健康診断の結果から、乳がんの疑いが有ることが分かりました。乳腺外来を受診し、結果はステージⅡの乳がんでした。

Aさんの会社には社員用の健康管理室はありませんでした。会社が産業保健を外部に委託していました。そこは病院が併設された健康管理センターでした。Aさんが最初にがんの疑いがあるといわれたとき、産業医と産業保健師から健康診断結果の説明を受けていました。Aさんが一番心配だったことは、仕事を続けながら治療ができるのかどうかでした。お金がなければ治療に専念できないことを知っていました。

外来の結果が出たあと、主治医からも産業医からも「治療は大変だが、今の生活は可能な限り維持することが肝要です」と言われました。また仕事は休みながらでも辞めないことも強くすすめられました。

Aさんの病気のことは一部の上役のみが知るところとしました。そしてAさんが信頼している一部の同僚にはAさん本人が伝え、何かあったときには助けをお願いしました。Aさんは仕事を休みながら、外科的治療による病巣部摘を終えました。しかし、主治医から「再発予防のため抗がん剤治療はしばらく続ける必要がある」と言われました。そのため、三週間に一度のペースで抗がん剤治療を外来で受けました。 Aさんの治療で使用した抗がん剤は副作用に、脱毛、手足のしびれなどが強くでるものでした。

Aさんが仕事に本格的な復帰をしてから気になったのは、脱毛でした。また他の副作用のこともどのようにからだに現れるのかイメージできませんでした。

つづく

保健師/看護師
石毛 陽子

相談する

コメントを残す

PAGE TOP