病気やケガをして病院にかかったとき、期待していた結果が得られずに患者が死亡したり後遺症が残ったりしてしまうケースがあります。本当は避けられるのに人為的なミスによってこうした結果が発生すると、「医療過誤」となります。今回は、そうした医療過誤事件と弁護士の関係について、ご説明します。

1.医療過誤とは
医療過誤とは、治療過程において医師や看護師などの医療従事者が、過失によって患者を死亡させたり健康被害をもたらしたりすることです。

ただし、患者が死亡したり後遺症が残ったりしたとしても、すべてのケースで医療過誤になるわけではありません。中には、結果を避けがたいこともあるためです。しかし、本来は避けることができたはずなのに、患者に死亡や健康被害を発生させたときに、はじめて医療過誤となります。たとえば、看護師が点滴の薬を間違えた場合、医師がミスで本来不要な手術をした場合などが、医療過誤の典型例です。

2.医療過誤に遭ったら、弁護士が必須
医療過誤に遭ったとき、患者様やご家族様だけでは解決が非常に困難です。そもそも「医療過誤なのか」を、明らかにできません。医療過誤というためには、法律知識と医学的な知識をもって、適切に病院側の「過失」を立証しなければなりません。そのためには、効果的に証拠保全を行い、収集した証拠を読み解く能力が必要です。法的な知識と専門ノウハウを持った弁護士の助力が必須となります。

また、医療過誤訴訟で勝訴するためには、協力医の存在も不可欠です。しかし、実際には医療過誤事件に協力的な医師を探すのは困難を極めるので、患者側は不利になりがちです。良い医師と提携関係を持った弁護士を選ぶ必要があります。

3.遺伝子医療と医療過誤
がんにかかったときには、遺伝子医療が有効なケースもありますが、世間一般には、まだ浸透していません。医師も、遺伝子医療を積極的にすすめることは少ないです。一つの理由には、医師も医療過誤を恐れており、健康保険のすすめるマニュアル的な治療以外には消極的になっていることもあるからではないでしょうか。

また、遺伝子医療を受けるときには、適切な機関において、適切な処置を受ける必要があります。遺伝子医療にも医療過誤はあり得ますので、患者も、ある程度の知識を持って、質の良い医療を見分ける目を持つことが大切です。

医療ジャーナリスト(法律家)
福谷 陽子
PAGE TOP