食事をしても、治療などで体重減少が続くときは、精神的にもつらいと思います。体重減少にもさまざまな要因がありますが、薬物療法以外の理由としては、摂取エネルギーよりも消費エネルギーの方が上回っている、摂取した栄養素が体内でうまく吸収されていない可能性などが考えられます。今回は効率よくエネルギーが補給できるレシピ『ネギ香る中華風チャーハン』をご紹介します。ひと工夫するだけで、味もおいしく簡単にできるので、ぜひ試してみてください。

『ネギ香る中華風チャーハン』

【材料】2人前
ご飯・・・300g
牛と豚の合い挽き肉・・・100g
卵・・・2個
ねぎ・・・10g
油・・・大さじ1
ごま油・・・大さじ1

〇塩・・・適量
〇こしょう・・・適量
〇中華の顆粒出汁・・・小さじ1

【作り方】


フライパンに油を入れ、合い挽き肉に火を通していきます。その間に、卵を割り解きほぐしておきます。お肉に火が通ったら、いったんお皿に出しておきます。


同じフライパンで卵、ご飯、先ほど炒めたお肉、ねぎの順に入れてよく混ぜ合わせます。


全体が均一になったら、〇のついた調味料を入れて味を整えます。でき上がる直前にごま油を鍋肌に沿わせて回し入れ、全体に行きわたるように混ぜ合わせて火を止めます。


最後に器に盛りつけて、飾りでブロッコリースプラウトを乗せて完成です。

同じ量を食べる場合、油や他の動物性たんぱく質などと一緒に摂った方が効率よくカロリー摂取ができます。例えばご飯100gあたりのカロリーは168kcalですが、同じ量のチャーハンにした場合、約400kcalくらいになります。もちろん入れる材料で多少は異なりますが、同じ量でも内容によってカロリーは増やせます。その他にも、リゾットやグラタンなどにしても簡単にカロリーアップできます。

今回は牛と豚の合い挽きを使い、お肉の味もチャーハンにプラスし、さらに、豚肉に豊富に含まれているビタミンB1は糖質代謝を促すためには必要不可欠な栄養素です。牛肉にも良質脂質、タンパク質の他、不足しがち鉄分が含まれているので、今回のチャーハンに使ってみました。

■管理栄養士からのワンポイントアドバイス!!
あまりに何でもかんでも油を入れると油っこくなってしまいますので、さっぱり食べられる食材の組み合わせを考えてみましょう。例えば揚げ物には大根おろしやポン酢、大葉やねぎ・レモン・すだちをあわせるなどです。食品の組み合わせによって、サッパリとした味になり食べやすくなります。

管理栄養士
小笠原

この執筆者の記事一覧

治療中の家事

体調を整える食事テクニック

症状に合わせた食事のとり方

医療者コラム

PAGE TOP