先日、歌手の加藤登紀子さんが出演するラジオ番組で「乳がんを患っていた」ことを告白されました。加藤さんの乳がんが発覚したのは約30年前。ご自身が40代のときのことで、当時は周囲に気を遣わせたくないという希望で、今までずっと隠し続けていたそうです。加藤さんはすでに腫瘍と左胸の一部を適切して完治しているそうで、年月が過ぎゆく中で「病気を話し出せる雰囲気を作りたい」という思いから、今回ご自身で話すことを決めたそうです。

乳がんは、日本人女性の11人に1人がかかるといわれる、罹患率の高いがんです。
今回の「乳がん・子宮がんを語る女子会」では、がん当事者のもつ苦悩と病気をオープンにすることについて語ります。

■がん経験者から学ぶこと
加藤さんのように、がんを経験した人が過去の闘病について、また治療のことや気持ちの変化など発信してくださることは、非常にありがたいことです。過去では、「がん=不治の病」というイメージがありましたが、今では医療技術も進歩し、がんの種類にもよるものの、早期発見・早期治療をすれば完治することもめずらしくないことが理解されつつあります。

加藤登紀子さんや、先日お亡くなりになった樹木希林さんのように、「がん経験者」がどういった辛さや苦しさを抱え、がんとどう向き合っているかを、ありのままに話してくださることで、まだがんを経験したことのない人にもリアリティーが生まれ、がんを患ったときの心がまえにもなっていくことでしょう。また、がんに関心を寄せるきっかけや、がんにならないよう予防したり、早期発見の大切さを知ることにもつながっていきます。

■「乳がん」当事者でしか分かり得ない苦悩
実は、筆者は先日友人から「乳がんを患い、乳房切除しなければならない」という悩みを打ち明けられました。
友人いわく、「乳房を切除することを躊躇している」と旦那さんに打ち明けたところ、「子どもも生んだし、もうおっぱいの役目は果たしたからいいのでは?」と旦那さんは言ったそうです。もしかすると、「彼女の命が何より大事で生きて欲しい」という強い思いから、友人の気持ちを少しでも軽くしてあげようとしたのかもしれません。

しかし、そういわれた友人はとても悲しい思いをしたそうです。
というのも、彼女は自分の胸がとても好きで、いわゆる自分のチャームポイントであり、自分に自信を持てる一部として考えていたからです。
それに加えて、夫婦生活を持つ際に愛されていると一番実感できる部分であり、切除することによって夫婦の関係性が崩れてしまうのではないかとも心配していました。このことを聞き改めて思うのは、女性の胸はただ子どもに授乳するためだけでなく、時には自分の生き方を左右するものでもあるのだということです。

このように、乳がんを患うことで「当事者でしかわかりえない苦しみ」が多く存在しています。でも、日頃私たちは彼女たちの秘めた苦しみや悲しみ、葛藤を知る機会はとても少ないのも事実です。

今回加藤さんがオープンにされたことで、乳がん患者に対しての接し方も変わってくるきっかけになるかもしれません。また、オープンにすることで患者さん同士の情報交換や支え合いもしやすくなるでしょう。

もちろん病気の苦しみや辛さは、簡単に口にできるものではないかもしれません。でも、もしも経験を語ってくださる人がいるなら、身近にいる私たちはしっかりと耳を傾け、寄り添うことが大事なのではないかと思います。

■定期的にセルフチェックを
乳がんは、初期であれば5年相対生存率は95%を越えるというデータもあります。
自分で発見できる「がん」なので、定期的な健診に加え、月1回セルフチェックをおこないましょう。

○見てチェック
鏡に向かって、乳房の変化がないか確認します。ひきつれ、くぼみ、ただれがないかを見ましょう。

○触ってチェック
3~4本の指をそろえて「の」の字を書くようにして、乳房をゆっくり触りましょう。特に乳房の外側上部、わきの下に注意しましょう。しこり、乳首からの分泌物がないかを確認しましょう。

あなたや家族、友人を乳がんから守るために、セルフチェックと健診を欠かさないようにしましょう。もし周囲に患者さんがいたら、経験者の声も参考にしながら最適なサポートができるよう心がけましょう。

<参考>
・国立がん研究センター がん情報サービス「乳がん 2.治療成績」
https://ganjoho.jp/public/cancer/breast/treatment_option.html

・東京都福祉保険局「乳がん自己触診(女性)」
http://www.fukushihoken.metro.tokyo.jp/kensui/territory1/selfcheck/nyuugan.html

有名雑誌や大手メディアでコメントするライターやTV出演もある女性陣を結集した女子会
乳がん・子宮がんを語る女子会

この執筆者の記事一覧

医療者コラム

PAGE TOP