私は医者でも看護師でもありません。しかし、がん治療のコンサルタントという仕事をしています。毎日何十件ものがんの相談を無料で受けています。相談を受けた人は「なぜ自分には手術ができないのか分かった」、「今受けている治療の必要性がよくわかった」「治療方法がないと言われたが、まだまだ諦めなくて良いということが分かった」など多くの感謝の声をいただいています。

がん治療のコンサルタントという仕事を始めて聞く人も多いと思います。ここでは、がんのコンサルタントという仕事がどういったもので、なぜこんなにも多くの患者さんに必要とされているのかということを書いていきたいと思います。

がんのコンサルタントの仕事の主な目的には、「患者様と医者の知識の差を埋めること」と「治療の間口を広げて、選択肢を絞るお手伝いをするということ」の2点があります。

患者さんは「今自分のがんがどういう状況」で、「今から受ける治療がどういったもの」なのか、分かっていないことがほとんどです。がん治療というのは、「自分のがんの状況が分かって初めて、どういった治療が必要なのかが分かるもの」です。

例えば、肝臓がんが肺に転移したとします。肺にあるがんは「肺がんではありません」。肝臓がんの肺転移です。使う抗がん剤は「肝臓がんの抗がん剤」です。こういったことも知らなければ、「肺がんで保険が効くオプジーボみたいな抗がん剤を先生はなぜ使ってくれないのだろう」みたいな疑問を持ち、先生に対しての不信感につながったりします。誰も悪くないのにこういった状況では例えうまくいったとしても不幸です。

そして、肝臓から肺に移った時点で、血管などに乗って転移していることが考えられるので、一粒だけのがんが血管に乗って移ったとは考えにくいので、もっと多くのがんがおそらく全身に飛んでいるだろうと考えます。その状況では、肺と肝臓の見えているがんを手術や放射線を使って仮に取り除けたとしても、再発します。そのため、手術や放射線のように一部分にしか効果がない治療は、「やっても良いけど、根本治療にはなりえない」といえます。

こういったがんと闘うには全身にする治療が必須です。それは、保険診療であっても自由診療であっても同じです。そのため、先進医療である重粒子線のように夢の治療と呼ばれる治療方法なども「一部分にしか効果がない治療」なので、こういった症状においては基本的には選択外です。こういった知識を持っていたら「なぜ主治医の先生は手術をしてくれないのだろう」と考え、むだなセカンドオピニオンなどを受けて治療までの貴重な時間を減らすことも無くなります。

つづく

がん専門コンサルタント
竹内 規夫

相談する

コメントを残す

PAGE TOP