住み慣れた自宅で、家族や友人、近所の人たちと触れ合い、
「できるだけ普段どおりの生活を送りながら療養する方が
自分らしく過ごせる」という考えから、在宅で治療を受けたり、
終末期を含めて自宅でできるだけ長く過ごすことを
選ぶ人が増えています。

自宅での生活は入院生活に比べると、良いところもたくさんありますが、
在宅医療のための態勢や必要な設備、物品について
事前に準備が必要です。
また、あなたや家族、周りの人の心と体の不安を
取り除くための仕組みもあるので、自分に必要なものを
組み合わせて、無理をせず、自分自身も御家族も
お互いに支えあいながら過ごしていけるといいですね。

<在宅療養支援診療所>
在宅療養支援診療所とは、患者さんの在宅療養を支える診療所です。
患者さんや家族からの連絡に365日24時間体制で応じ、
必要な場合には訪問診療(往診)を行います。
ほかの医療機関や訪問看護ステーション、さらにはケアマネジャーとも
連携を取りながら、
患者さんが安心して療養生活を送ることができる態勢を整えます。
また状態が急変したときには病院医師と連携し、
治療法の相談や再入院の手配を行います。

<訪問看護ステーション>
通院や外出が困難な患者さんのために、
看護師または准看護師が自宅を訪問して、
医師の指導に基づく診療の補助や、
患者さんの健康管理や相談などを行うサービスを提供しています。
訪問看護では、血圧や体温などから患者さんの健康状態をチェックしたり、
痰(たん)の吸引や褥創(じょくそう:床ずれ)の処置といった医療的処置、
医療機器の管理や療養上の世話などを行います。
希望する場合は、かかりつけ医に相談してみましょう。
通院や外出が困難な患者さんのために、看護師が自宅を訪問して、
医師の指導に基づく診療の補助や、
患者さんの健康管理や相談などを行うサービスを提供しています。

<居宅サービス>
この中には、訪問介護といって、ヘルパーさんが自宅で入浴の介助や
家事のお手伝いなどをしてくれます。
訪問看護、訪問リハも利用できます。
<在宅ホスピス>
訪問する医師や看護師によって、中心静脈栄養や持続点滴、経管栄養、
酸素の吸入、痰の吸引などが行われます。
緩和ケア病棟と連携して在宅での緩和ケアを行うなど、
希望に沿った態勢で支援を受けられることもあります。

—————————————————————-
国内唯一の手術・抗がん剤・放射線といった
標準治療だけでなく先進医療など
あらゆる治療法を含んだ「がん相談」が
がんに詳しい医師・医療従事者、専門家に
24時間365日できるがん相談センター
—————————————————————-
がん無料相談センター東日本
0120-609-332
がん無料相談センター西日本
0120-709-332
—————————————————————-
〒104-0061
東京都中央区 1-16-7 銀座大栄ビル5階
がん相談センター

看護師
かたおか さちこ

この執筆者の記事一覧

子どもへの伝え方

家族との接し方

がんと付き合いながら働くこと

医療者コラム

相談する

コメントを残す

PAGE TOP