エンディングノートは、「エンディング」という言葉から、多くの人は「葬儀や亡くなった時の準備
」と思っている傾向があります。そのため、病気になったときに高齢者が準備するというイメー
ジがあります。

2010年流行語大賞に「終活」がノミネートされてから、終活のツールの一つとして「エンディン
グノート」の重要性が世に広まりました。「終活」は、葬儀・墓・相続の準備をするのが主な準
備で、それらを書き留めて家族に伝えるツールとしてエンディングノートが利用されるようにな
った背景がありますので、亡くなった時の準備というイメージになったのでしょう。

しかし、エンディングノートは、病気や介護になった時にも意思を伝えるツールとしても役に立
ちます。そして生きていくのに必要なお金の事や大切な事を書き出していくと、心の整理や物
の整理ができます。エンディングノートは生きてきた証を残し、生きて行く道しるべにもなるの
で、私は「人生ノート」と呼んでいます。

限りがあるからこそ今をどう生きるか?が明確になる。

動物も植物も生あるものは、全て終わりがあります。
人間も例外ではなく、生まれてきたばかりの赤ちゃんも人生の終わりに1日1日近づいていき
ます。それが明日なのか、100年後なのか時期については、本人でも分かりませんが間違い
なく人生には限りがあります。

もし仮に、人生に限りが無いとしたら人間は誰も亡くならずにどんどん増えていき、いずれ仕
事や食も奪い合いになるかもしれません。そして苦しい事や悲しい事も無限に続くとしたら終
わりのない恐怖が襲ってくるかもしれません。どんなに走るのが好きでもゴールのないマラソ
ンを続ける事は苦しみになります。そう考えると、限りがあるからこそ「今をよりよく生きる」とい
う事を考え行動できるのではないかと思います。

生きて行くと死があり、死があるから生きる事を充実させる生き方ができるとブッダも説いてい
ます。自分の人生のゴールを意識すると、今なら何ができるのか?本当は何をしたいのか?
何をしないと後悔するのか?など、今をどう生きるのかが見えてきて明確になります。

わたしの人生ノートを書いてみましょう

エンディングノートを書く目的として、「遺された家族に迷惑をかけないために書く人」が多いで

すが、気が重くなりなかなか書けないのが現実です。私がお勧めするのは、自分の大切な事
や楽しかった事、好きな事、思い出など自分が笑顔になる事をまず書いて、次に病気になっ
た時の希望や伝える事を自分のために書くと書きやすいと思います。

自分のために書いた人生ノートは、「わたしの大切な事と大切にしている思い」がまるごと詰
まっているので、もしも誰かにお世話になる時に、自分のためだけではなくお世話をしてくれる
人が理解しやすく何をしてあげたらいいか分かりるので、助かり役に立つツールとなります。

次回は、人生ノートに具体的に何を書いたらいいのかお話します。

終活アドバイザー
茂木 康子

一般社団法人 包括安心サポート研究所 代表理事
株式会社 WishLane 代表取締役
                         
【資格】
終活アドバイザー
CFP®(ファイナンシャルプランナー)
相続診断士®
トータルライフコンサルタント
保健体育教員1種免許

家族に恵まれなかった幼少時代の不安と孤独を突破し、今は3世代同居の幸せ家族。
FPの顧問顧客で、独りで誰にも看取られず亡くなる人を何人か見送った。そして幼少の頃の孤独と重なり「独りの不安を安心に替えてあげたい。私はその為に生まれてきた」と思った。
大学卒業後、証券会社・大手生命保険会社・外資系生命保険会社の営業職で新人賞を受賞。消費者側のFPとして独立。のべ5000人の保険コンサルティングの実務経験。長年の経験から、保険の「もしもの資金準備」だけでは、安心して生きていけないと思いシニアサポート事業を開始。
生涯にわたり「お金」「こころ」「体」のトータルサポートを行い、病気や介護になった時は家族代行の業務を行なっている。

著書 「本当に正しい医療が終活を変える」

PAGE TOP