リビングニーズ特約とは、生命保険に付帯できる特約の一種で余命6カ月以内と診断された場合に、本来は亡くなったときに支払われる死亡保険金の一部または全部を死亡生命保険金3,000万円を限度として生前に受け取ることができるものです。この特約制度は無料で付加することができ本人が最期のときを快適に過ごすためや闘病のために使えるようにするという目的の特約です。

この特約によって生前に受け取った給付金は、医療費のほかにも自由に使うことができるため、余命宣告を受けたときにとても心強い特約といえるでしょう。

例えば、Aさんが死亡生命保険金5,000万円のご契約されていた場合、余命6カ月でリビングニーズ特約を使い生前給付金を限度額の3000万円受け取った場合、その後の支払う保険料は残りの死亡保険金2,000万円分となるため以後の保険料の支払いは減ることになります。また、最新の保険では三大疾病や重度の生活習慣病になった場合、保険料免除になる死亡保険も発売されていますのでリビングニーズ特約と併せた保険加入をされているとさらに安心です。

ただし、リビングニーズ特約の生前給付金の死亡保険金の受け取りは相続税対策の観点から見た場合には注意しなければならないデメリットがあります。

上記のAさんの例から主契約の死亡保険金額と生存中に受け取った金額の差額が、残りの死亡生命保険金となります。またBさんは死亡保険金3000万円に加入していたとします。全額リビングニーズ特約の生前給付で死亡保険金限度額の3000万円を受け取ってしまった場合、給付後の生命保険契約は無くなります。

リビングニーズ特約で受け取ったお金は、体の傷害に起因して支払われるものとして所得税が非課税ですが被相続人の存命中に使い切らない場合は相続財産(現預金)が増えることとなり相続税に影響がでることにもなりかねませんので生前給付金を受けとる際には注意が必要です。

現在では終末期の意思を書面などで事前に示すリビング・ウイル(終末期医療における事前指示書)やエンデイングノートで生前のご自身の意志や想いを書き残しておくことができます。余命6カ月以内と判断された時にリビングニーズ特約を利用してやり残したことの実現に生前給付金を使うのも時代に沿った考え方とも言えるかもしれません。

リビングニーズ特約に該当した生前給付金の請求方法は、保険会社の各社様式や医師の診断書を保険会社に提出することで手続きできます。生前給付金を受け取ることができるのは被保険者が余命6カ月以内と診断されている場合ですが、病状や治療の内容によっては本人に告知されていないこともあります。そういった際には指定代理請求制度を利用して請求ができます。

指定代理請求制度指定代理請求制度とは、本人が突然倒れて意識不明である、本人が余命告知をされていない、認知症のため意思表示が困難であるなどのケースにおいて、指定代理請求人が本人に代わり保険金を請求できることをいいます。具体的には被保険者と同一生計の配偶者や3親等以内の血族、それに準ずる関係の人などが指定代理請求人となることができ契約時にあらかじめ指定して決めておくこともできます。

生前給付金を受けっとった後にその後の治療により余命が延長した、6カ月以内に死亡しなかったなどの場合も返金する必要はありませんが診断書に必ず医師の余金をめて置命6カ月以内だということが書かれていることが必須の条件となります。裁判の判決事項のもありますが診断書に余命6カ月以内と書かれていない場合は口頭で医師に告知されたとしてもリビングニーズ特約に該当せず生前給付金が受け取れません。また保険契約に期限がある場合など、残りの死亡保障の期間によってこの特約を使えないこともあります。特約により生前給付金を請求できる条件などはそれぞれの保険会社によって違うため、契約保険会社に確認してみることが大切です。

リビングニーズ特約を付けるのは無料で何のデメリットもありませんので、現在加入している生命保険の保険証券などを確認し、付いていないときは付帯できるか保険会社に相談してみることをおすすめします。

【判決事例の参考資料】
https://www.seiho.or.jp/contact/adr/item/pdf/24-77.pdf

【リビング・ウイル参考資料】
一般財団法人日本尊厳死協会
http://www.songenshi-kyokai.com/living_will.html

【エンデイングノート参考資料】
http://wishlane.co.jp/service/

FP(ファイナンシャル・プランナー)
土屋 福美子

株式会社 WISHLANE 取締役【資格】ファイナンシャルプランナー相続診断士住宅ローンアドバイザーお金だけでは解決できない想いを叶え、生きた証を後世へ橋渡しするためのライフシフトナビゲーター。 5000人超の保険コンサルティング実務経験から「お金、心、身体」のトータルサポートが必然だと実感しています。100年人生を生き抜く時代。 人生の終焉に自分の願う最後の言葉が残せるように笑顔と実現力を引き出すためのあなたの一生涯サポーターとして活動しています。

PAGE TOP