今回は血液学関連の項目です。血液検査とは、主に血管内を流れる赤血球や白血球
、血小板などの数や白血球分類などの検査です。主な病気としては貧血や骨髄疾患
を調べるときに用いられます。

■血液検査
1. 血液成分の分類について

1-1.血液成分は大きく分けて2つに分類され、無形成分(血漿、けっしょう)と有
形成分(血球類)に分けられます。無形成分の中には前述した生化学検査で使用さ
れている血清や止血に重要な凝固成分が含まれており遠心分離により有形成分と分
離されます。有形成分には血球類や血小板が含まれています。

2.各検査の概要
2-1.赤血球系の検査は、貧血や赤血球がつくられる時に異常がないか調べるのにた
め行います。また、全身状態を把握する為の基本的なスクリーニング検査としても
利用されます。そのため、血液の病気だけでなく、健診や全身性疾患の初期検査と
しても頻繁に行われます。

2-2.白血球系の検査は、数だけではなく、その分類も重要です。しかし、健診の場
合は病気になる前に異常をみつけることが目的のため、主に白血球数のみ検査が行
われるます。主な病気として、炎症性のものや細菌やウイルスの感染の有無や白血
病があります。

2-3.血小板は血管が傷ついて出血した場合に血管にくっつき、それが増える事によ
り止血します。そのため、実際の検査では主に数を検査します。

3.測定項目の基準値について

3-1.赤血球数( RBC )
基準値:男427 万~ 570 万/μ L 女376 万~ 500 万/μ L
⇒血液 1 μ L 中の数を測定します。

3-2.白血球数( RBC )
基準値: 3500 ~ 9000 /μ L
⇒血液 1 μ L 中の数を測定します。

3-3.血小板数( RBC )
基準値: 15 ~ 40 万 /μ L
⇒血液 1 μ L 中の数を測定します。

3-4.ヘモグロビン量または血色素量( Hb )
基準値:男 13.5 ~ 17.6 g / dL 女 11.3 ~ 15.2g / dL
⇒血液 1dL 中の数を測定します。

3-5.ヘマトクリット値( Ht )
基準値:男 39.8 ~ 51.8% 女 33.4 ~ 44.9%
⇒血液中に含まれる赤血球の割合を測定します。

3-6.平均赤血球容積( MCV )
⇒赤血球の大きさを RBC と Hb の検査値より計算して求めます。

3-7.平均赤血球ヘモグロビン量( MCH )
⇒赤血球 1 個あたりに含まれるヘモグロビン量を RBC と Ht の検査値から
計算して求めます。

3-8.平均赤血球ヘモグロビン濃度( MCHC )

⇒赤血球 1 個あたりのヘモグロビン濃度を Hb と Ht の検査値より計算して
求めます。

4.今回のまとめ
今回は各血球類の検査の主な目的と実際に検査する項目の基準値をまとめました。
次回は詳細の説明をしていきます。

—————————————————————-
国内唯一の手術・抗がん剤・放射線といった
標準治療だけでなく先進医療など
あらゆる治療法を含んだ「がん相談」が
がんに詳しい医師・医療従事者、専門家に
24時間365日できるがん相談センター
—————————————————————-
がん無料相談センター東日本
0120-609-332
がん無料相談センター西日本
0120-709-332
—————————————————————-
〒104-0061
東京都中央区 1-16-7 銀座大栄ビル5階
がん相談センター

臨床検査技師
朝野

この執筆者の記事一覧

がんの検査法と検査の基礎知識

相談する

コメントを残す

PAGE TOP