前回からの続き
こうしたピアサポートの考え方は医療・福祉の分野で広がりを見せ続け、ついに厚
生労働省と国立がん研究センター主導で作られたがん相談支援センターの機能の一
部として政策・事業化されました。

ピアサポートを受けるということはピア(=仲間)からの支援を受けるということ
です。ピアサポーターが行う支援の特徴は「体験を共有し、ともに考える」ことで
す。カウンセラーやケースワーカーと同じような内容ですが、ピアサポーターと決
定的に違うのは支援者の「立場」です。前者は「専門家」としてあなたに寄り添っ
てくれますが、後者(=ピアサポーター)は同じような経験をした「仲間」として
あなたに寄り添ってくれるのです。

ピアサポーターには、ピア(仲間)ならではの支援ができるところに大きな意味が
あります。その支援には、医療や福祉などの専門家とは違った役割があるのです。
そのピアならではの支援の大きな特徴が「体験の共有」です。家族やカウンセラー
があなたのがんや、それにまつわる苦しみを理解しようとしてくれたとしても、ほ
とんどの場合「想像」するしかありません。これに対して、ピアサポーターの場合
、実際に告知や治療を経験した「がん患者」としての体験を「共有」することがで
きます。

こうしたピアとの「体験の共有」はあなたにとっても、またピアにとっても大変に
意義深いものとなり得ます。通常の社会生活でも、同じ経験をした人や立場の近い
人と深く理解しあうことは、大きな喜びやいやしにつながります。しかし、「がん
患者」といった積極的に公開しにくい属性の分野に関しては、たとえお互いが求め
ていたとしても、なんらかの仕組みがないと、知り合うことすら難しいでしょう。
それを可能にしたのがこのピアサポートであるともいえます。

つづく

医師 総合診療医/心療内科医/漢方医/産業医
飯島 慶郎(いいじま よしろう)

臨床心理士/産業カウンセラー/認定産業医
総合内科専門医/家庭医療専門医/東洋医学会認定医

この執筆者の記事一覧

がんと診断されたあなたへ

相談する

コメントを残す

PAGE TOP