「がん告知」

2人に1人がり患する時代になっても、
初めて告知を受けたご本人にとっては、
ショックも大きく、
病状や検査、治療の説明を受けても
「それを受けたらどうなるか」など、
想像することさえ難しいと思われます。

がんの治療には、
手術、薬、放射線などを組み合わせて行い、
何通りものやり方があります。
どれがご自身にとって最善かは、
ご本人と医師がじっくり話し合って決めなくてはなりません。
告知後、治療を受ける病院や治療法を決めるときは、
あせらず時間をかけて、納得のいくまで検討してください。

がんを経験した人の話を聞くのも参考になります。
最近は、闘病記としてブログを書いている人も多く
アクセス数も多いのが特徴ですが、
あくまでも、病状、治療効果など個人個人で違って当然で、
それを読むことで不安が増強するようであれば
お勧めできません。

また、頭の中や気持ちを整理できないまま
やみくもにセカンドオピニオンを受け、
何カ所も病院を渡り歩く人もいます。
これも、告知を受けたことによる大きな不安、
そして、「がんではありませんでした。」と

診断がくつがえって欲しいという期待が起こすもの。

この、告知後の不安の中には対処できるものもありますので、
不安のもとになっている原因を整理して改善することが重要です。
自分の気持ちを整理することは、
一人ではなかなか難しいので、
誰かに、どんなことが不安なのか率直に話すことが大切です。

例えば、病気のことがよく分からなくて不安、
今後どうなるのか分からなくて不安、
治療や副作用のことが気になって不安、
などといった病気や治療にかかわる不安の多くは、
必要な知識の不足からきていることもあります。

まずは、医師や看護師など、
医療スタッフに思っていることを話してみてください。

ご家族や友人など周囲の人と話をすることで、
気持ちが徐々に整理され安定することもあるでしょう。
何より、一人で抱え込むのは解決への遠回りでもあり、
なかなか答えも出せず、
不安な気持ちが大きくなるばかりということもあります。

誰かに話を聞いてもらえることで、
気持ちが落ち着いてきたり、

苦しい気持ちが和らいだりしたりすることはよくあることです。
確かに、そのあと続く治療や療養の中で
新たな不安や心配事も出てくるでしょう。

そんな長い闘病生活の支えになってくれる
「かかりつけ看護師」や「マギーズ東京」
「がん哲学外来」など、御自身の性格や生活スタイルに
合わせていろいろなものを上手に利用していくことも大切です。

—————————————————————-
国内唯一の手術・抗がん剤・放射線といった
標準治療だけでなく先進医療など
あらゆる治療法を含んだ「がん相談」が
がんに詳しい医師・医療従事者、専門家に
24時間365日できるがん相談センター
—————————————————————-
がん無料相談センター東日本
0120-609-332
がん無料相談センター西日本
0120-709-332
—————————————————————-
〒104-0061
東京都中央区 1-16-7 銀座大栄ビル5階
がん相談センター

看護師
かたおか さちこ

この執筆者の記事一覧

子どもへの伝え方

家族との接し方

がんと付き合いながら働くこと

医療者コラム

相談する

コメントを残す

PAGE TOP