医師 泌尿器科専門医/日本泌尿器科学会所属 - 医療者コラム

  • 医師 泌尿器科専門医/日本泌尿器科学会所属
    2018年12月21日

    前立腺がんの治療

    今回は、前立腺がんが見つかった後にどうやって治療するのかについてお話したいと思います。 がんの治療における三本柱は、手術・放射線・化学療法(抗がん剤治療)です。通常はこれら の中から選ぶか組み合わせて治療を行いますが、前立腺がんの場合は、ホルモン療法とい うものがあります。これは、前立腺が男性ホルモンによって制御される臓器であるためであり 、女性でいえば乳がんにホルモン療法を用いるのと同じことです。

  • 医師 泌尿器科専門医/日本泌尿器科学会所属
    2018年12月21日

    前立腺がんの検査と診断

    前立腺がんはどのように見つかるか、ご存じでしょうか。前立腺がんと診断される例は、近年急激に増加しました。それはなぜかというと、高齢化や食生活の欧米化などの影響で前立腺がんの数が増えてきたこともありますが、一番の要因はPSA検査の普及によって、「前立腺がんがあることが分かるようになった」ことです。前立腺がんは、たとえば80歳の男性を全て調べると約半数に見つかることが知られており、それだけよくある病気なのです。

  • 医師 泌尿器科専門医/日本泌尿器科学会所属
    2018年12月21日

    前立腺がんのホルモン治療

    今回は、前立腺がん治療の主軸の一つであるホルモン療法についてお話したいと思います。 ■前立腺がんは男性ホルモンによって制御される そもそも前立腺は、普段は精液の一部を作っている臓器です。前立腺が形成され、大きくなる 過程では男性ホルモンが大きく影響することが知られています。 前立腺がんも、前立腺の一部から発生する病気であり、例外ではありません。実際に、ほと んどの症例では男性ホルモンのシグナルを受け取るアンドロゲン受容体が発現しています。 ちなみに、前立腺がんのマーカーとしてよく用いられるPSAも、アンドロゲン受容体がシグナ ルを受け取ることで作られるタンパク質のひとつです。