医師 美容皮膚科 - 医療者コラム

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月30日

    サプリメントでがん予防

    がんを予防するためには、栄養管理がとても大切です。日々のストレスや加齢、紫外線、喫 煙その他さまざまな理由で活性酸素が発生し、私たちの体の細胞を傷つけています。細胞が 傷つくことで、免疫力も低下して風邪をひきやすくなったり、疲れやすくなったり、老化の 原因になったりするわけですが、ある一定以上に細胞が障害されると、がん細胞が発生して しまいます。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月30日

    高濃度ビタミンC点滴

    ビタミンCは、代表的な水溶性ビタミンであり、大量に摂取しても尿と一緒に排泄されてしまい ます。ビタミンCのサプリメントやビタミンCの入った清涼飲料水も、摂らないよりは「まし」かも しれませんが、実際に体の中で作用できる量は決まっています。点滴でビタミンCを体に取り 入れる場合、ビタミンCの経口摂取に比べて、ビタミンCの血中濃度を20~40倍以上に増やす ことができます。静脈の中にビタミンCを直接入れることで、血管の中にビタミンがいきわたり 、ビタミンCが持つさまざまな効果を十分に実感することができます。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月21日

    抗ガン治療、がん予防のための血液クレンジング

    血液クレンジングという免疫療法があります。オゾン療法とも言われており、採血でドロドロに なった血液を体外に取り出して、医療用オゾンで浄化して、酸素飽和度を上げてきれいな血 液にしてから、体の中に戻すというものです。これは、100~150ccほどの血液を採取して行 い、代謝と免疫系を活性化するために最も効果があるオゾンの量を測定して投与します。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月21日

    がんになりにくい体をつくる栄養管理

    がん予防に栄養が大切であることはすでに周知の事実ですが、特にどんな栄養に気を付け たらいいのでしょうか。がん予防のための食事管理は、まずは「外食を減らすこと」です。外食産業が全て悪というわけではありませんが、大量生産された食事には、発がん性物質となる可能性もあるといわれる食品添加物や保存料が大量に使用されています。質の悪い油をコスト削減のために何度も使いまわすことで油が酸化し、肥満や活性酸素の発生原因になります。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月21日

    アピアランスケアとしての美肌治療

    アピアランスケアとは、抗ガン治療などによって、外見に変化が生じてしまった時に、外見の変化に起因するがん患者の苦痛を軽減するケアのことを言います。治療が長期にわたる場合や患者 がまだ若かったり、女性であったりした場合、健康であったときとの自分の外見の変化に、精神的苦痛を感じる場合があります。高齢だったり、男性であったりしても同様です。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月21日

    抗ガン治療中のネイルケア

    抗がん剤治療が始まると、体にはさまざまな変化が生じます。嘔気や嘔吐、倦怠感、発熱な どの体調の変化だけではなく、見た目にも多くの変化が生じます。爪を例にすると、爪が割れ やすくなったり、乾燥してさかむけが起こりやすくなったり、爪の周りの皮膚が硬くなったりする ことがあります。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月21日

    抗ガン治療、がん予防のための血液クレンジング

    血液クレンジングという免疫療法があります。オゾン療法ともいわれており、採血でドロドロに なった血液を体外に取り出して、医療用オゾンで浄化して、酸素飽和度を上げてきれいな血 液にしてから、また体の中に戻すというものです。100~150ccほどの血液を採取して行いま す。代謝と免疫系を活性化するために最も効果があるオゾンの量を測定して投与します。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月21日

    イオン導入を用いたアピアランスケア

    抗ガン治療などによって外見が変化してしまい、それに対してストレスに感じている患者に対 してのケアを、アピアランスケアといいます。男女関係なく、アピアランスケアが必要である場 合と、特に気にならないという人もいます。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月21日

    乳房切除後の豊胸手術について

    日本人女性の乳がん発症率は、年々増えています。もちろん、乳がん検診の受診などで、乳 がん発症のリスクを下げることはできますが、それでも毎年たくさんの女性が乳がんで亡くな っています。現在では、健診による早期発見と画期的な治療法の確立によって、女性らしさの 象徴ともいえる乳房を残したまま、乳がん治療を行うことができるようになりましたが、場合に よっては、がんを発症した乳房を切除しなくてはならないというケースも多々あります。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月21日

    なぜがん予防に栄養管理が必要か

    がんの発生はさまざまな原因がありますが、そのうち、「細胞が傷ついてしまうこと」と、「免疫 力の低下」が挙げられます。腫瘍性の異常細胞(がん細胞)は、体の中で大量に産生されて いるものの、NK細胞や細胞障害性T細胞といった免疫細胞によって攻撃・排除されます。これ らの免疫細胞がきちんと働いてくれるお陰で、がん細胞が増大して、臨床的に「がん」と診断 される前に健康な状態に戻ることができるというわけです。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年12月21日

    美容点滴による健康増進がん予防効果

    がん予防や健康増進のためには、食事管理をはじめとした栄養管理が大切です。外食を控 えて、野菜を中心とした食生活に変えるというだけでも、ずいぶんと健康状態は改善されます 。脂身の多いメニューではなく、焼き魚やお刺身などの高たんぱくで低脂質のメニューを積極 的に選ぶようにするだけでも、健康に大きく近づくことになるでしょう。

  • 医師 美容皮膚科
    2018年09月10日

    Coming soon

    現在執筆中です。公開までもう少々お待ち下さい。…